なすがまま、鳴るがまま。

私が自己肯定感を高めるために実践する4つのこと

2020/03/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はらなり
ブログ初心者、はらなりです。見てくれてありがとう。 どこにでもいる社会人やってますが、20代のうちに副業で心にゆとりを持った生活を送れるようになることを目指しています。悩みの多い性格ですが、それを活かしたブログを書いていきたいです。わたしの人生における課題は継続することです!

2020-03-12

こんにちは!はらなりです。


私は自分の話を人にすることが苦手です。仕事の悩み、恋愛に奥手なことなど、心の深いところをさらけ出そうとするほど辛くなり、人前で泣いてしまいそうになることがあります。

そんな自分を変えたいと自己分析してみたところ、自己肯定感の低さが原因にあったのだと気が付くことができました。

今回の記事では、自己肯定感を高めるために私が実践し、効果を感じていることを紹介していきます。

自己肯定感の低さが引き起こしてしまうこと

自己肯定感とは

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心(英語: self-esteem)、自己存在感、自己効力感(英語: self-efficacy)、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である

Wikipediaより

要は、自分は自分でいいんだと自らを肯定する気持ちのことを言うようです。

自己肯定感が低い人の特徴

なんとなく分かったけど、自己肯定感が低いって具体的にはどういうことなの?と思う方もいるかもしれません。

例えば、

  • 複数人の中で意見を発することができない
  • 人から注目されると極度に緊張してしまう
  • 人前で失敗をすると小さなことでもかなり気にしてしまう
  • 自分に求める基準が高く、達成できないと自分を責めてしまう
  • 他人に怒りや妬みなどマイナスな感情を持つと自己嫌悪してしまう
  • 自分はからっぽな人間だ、と思ってしまう

など。これらは全て自己肯定感の低さが引き起こしていると考えられます。

自分にとにかく自信がないので、他人の視線が集まる状況が苦手であったりだとか、また自分の発言で相手を傷つけたり空気の読めないことを言ってしまったらどうしよう、など色々な場面で必要以上に気を遣い、考えすぎてしまうことが多いことが特徴です。加えて、真面目で完璧主義な傾向があるので、理想通りに出来ない自分が許せなくて嫌いになってしまいます。自己評価が低いため周りを羨むことが多いのですが、他人に対してマイナスな感情を持ってしまう自分がさらに嫌いになります。

そしてこんな風に、自信がなく常に周りの目が気になって落ち着かない状態で何かをやろうとすると、余計に失敗しやすくなります。そんな自分に落ち込んで責めて・・・と、どんどん悪循環に陥ってしまうのです。

ある記事で読んだのですが、自己肯定が出来ない人は、家庭環境に原因があることが多いそうです。親が過保護だったり、あるいは厳しかったなど。それは子供を心配するがゆえ、愛するがゆえの行動で、子育てに熱心に取り組んでいるということでもあり、本来なら良いことかもしれません。しかし、親の悲観的・否定的な考え方は子供に影響します。「心配させないようにしよう」、「余計なことは言わない方が丸く収まる」など、自分の感情を押し込めることでやり過ごしてきた経験を子供時代に積み重ねてしまうと、自分が発することに価値を持たなくなるのだと思います。

これは私にも言えることで、私の家では母親が超のつく心配性・悲観主義の人でした。昔から何をするにも「やめておきなさい」「危ないから」と否定され、色々なことを諦めてきました。高校の門限は6時でカラオケや旅行はダメ、部活・進路や就職先に至っても”安全”な道を選ぶように勧められ、その通り生きてきました。最初は反発していたものの、怒られるのが怖いので顔色を窺うようになり、反対されそうなことは常に先回りして発言を避けるようになりました。そしていつの間にか、気づいたら自分のこころが分からなくなっていたのです。自分は本当は何が好きなのか、何が嫌なのか、どうしたいのか。

こんな風に、他人軸で生きているとつらいんですよね。たとえ他人が保証した道を進んでも、それがその人にとって本当に良いのかはわからないです。また、たとえ他人に賞賛されたとしても、自分が満足できなければ意味がない。結局は自分が自分に満足できることが一番の幸せなんだと思います。

自己肯定感を高めるために実践をおすすめする4つのこと

じゃあどうしたらいいの?どうやったら自分を認めてあげられるようになるの?ということですが、これは一朝一夕にはできないことだと思っています。なぜなら今の自己肯定感は、長い時間をかけて構築されてきたものだからです。「はい!今から自信持ってね!」と言われたとしても無理ですよね、出来たら苦労しないです(笑)。

結局は少しずつ積み重ねていくしかないんだと思います。
ただ意識して取り組むことが重要だと思っています。「自分は今自己肯定感が低い状態だ、自分に価値がないなんて思わなくていいんだと分からせてあげよう」という気持ちを持つことが大事です。

かくいう私もまだ自己肯定感を高めるため、取り組んでいる途中ですので一緒にがんばりましょう!個人的にこれは効果があったな、と思ったものを紹介するので何をやればいいのか分からないという方は参考にしてみてください。

外を歩いてみよう

え?そんなこと?と思うかもしれませんが、これ結構効果あると思います。 運動が心に良い影響を与えるのは一般的に言われることです。もちろんそういう意味もあるんですが、得られるものはそれ以上にあると思います。

例えば悩み事があるとき、家の中にいるとずーっとそればっかり考えてしまうものですが、外の景色にちょっと目を向けると、いい意味で悩み事がちっぽけに思えてきて少し心が楽になるんです。1人でぼーっと歩く時間は気持ちの整理にもなるのでおすすめですよ。

また、ちょっと頑張って長い距離歩いてみると、なぜだか誇らしい気持ちになれるものですよ。これは普段運動しない人ほど効果が高い。私も普段なかなか外に出ない人ですが、ふと思いつきで最寄駅の一駅手前で降りて自宅まで歩いてみました。するとこれが結構良い体験で、なんだ案外私にも出来るんじゃん、と一瞬ですが無敵感が湧いてきました

昼間は人目が気になってなんだか落ち着かない、という方は帰り道に歩いてみるといいですよ。夜は暗くて顔も見えないので気にならないです。

このように、小さなことでも何か目標を決めて実行してみるとちょっと自信がついてきます。歩くことにこだわらずとも、同僚に挨拶をする、エレベーターの代わりに階段を使う、店員の目を見てありがとうを言う、など何でもいいんです。一日の初めに何か小さな目標を決めて、家に帰ったら達成できたことを口に出して褒めてあげましょう!「なんなら今日起きて会社行った」でもいいです。(というか普通に偉い!毎日会社に行ってるなんて偉いでしょうそんなの!) 目標には無かったけどやったこと・できたことがあったらさらによく褒めましょう。

何かをやって発信しよう

自分には何も無い、無価値だと思えてしまうのなら、何かやってみましょう!語学や資格の勉強をしてもいいし、ギターを始めてもいい。絵を描いたり手芸をしてもいい。下手でも才能なくても続けていれば上達してくるし、そのことに詳しくなれる。どんなことでもきっと無駄にはならないです。

できたらその取り組みを何かで発信できたらいいですよね。 絵をかいて投稿するとか、アクセサリーを作ってSNSで紹介するとか。自分が好きで取り組んだことに反応が貰えると嬉しくて、続けやすくなるメリットもあります。

また、それをお金にできるとなお良いですよね。自分の力で生み出したものがお金として価値あるものに変わると、大きな自信につながります。別に物を売るだけじゃないです、趣味や経験で得た知識を教えるでもいいんです。形あるものじゃなくても、情報を提供することによって価値を生み出せるのです。その点ブログはおすすめですよ!こんなの需要ないだろうと自分が思うものでも、案外誰かが欲している情報だったりするのです。知っていることは溜め込まず、バンバン発信していく方がいいです。

私も最近になってブログをちょこちょこ見てくれる方が増えてきたおかげで、「自己表現してもいいんだ」「自分は受け入れられるんだ」と思うことが増え、前よりも自信がついてきました。

自分の力で何かをやって発信して、それが誰かの役に立っていることを実感する。これって自信をつけるためのものすごい近道になると思うんです。みなさんも好きなこと、得意なことにどんどん挑戦して発信していきましょう!

何かをやるための時間は、「片付け」で生み出せます。

良い面も知ろう

「自己肯定感が低い」こと自体は、別に悪いことではないのです。他人と自分を比べて落ち込んだり卑屈になったりと、日常的にストレスを抱えやすくはあります。でも良い面もちゃんとあるんです(今自分にも言い聞かせています)。

自己肯定感の低い人は自分には価値がないと思いがちですが、自分の価値を下に置いているということは、周りの人を素直に凄いと認める力があるということです。これって誰にでもできる事じゃないと思うんです。例えば店員さんに「ありがとうございます」と感謝の言葉が言えるなど。それって普通のことじゃない?と思うかもしれませんが、案外この普通に思えることができない人って多いんです。周りを見てみると結構いますよ。無言だったり、客なんだからサービス受けて当たり前という態度で接する人。あなたはどんな人にも敬意を払える素晴らしい人です。まずそこを誇りましょう。

また、過去に自分が感謝されたこと、褒められたことを思い出してみるのもよいと思います。例えば私は、学生時代のバイトでお客様に感謝された経験を思い出しました。ショッピングモールで開催された、とあるゲームのスタンプラリーイベントのバイトでしたが、広いモール内の至る所にポイントが設置されるため、分かりづらかったのでしょうか。なんだか困った様子の親子を見かけました。私はその時休憩に入るタイミングだったのですが、気になったので追いかけて声を掛けました。次のポイントが見つからないとのことだったので、そのポイントまで一緒に歩いてご案内しました。とても感謝されて嬉しかったのですが、きっとこれは自分の顔色を窺うクセや気を遣いすぎてしまう部分などが良い方に働いた結果だったんだと今なら思えます。
あなたにも繊細であるからこそできたことがきっとあるはずです。悪口を決して言わないとか、いつも否定しないで話を聞いてくれるだとか。友人や家族に褒められたことを思い起こして、自分のこの性格は悪いことだけじゃないということを自分に教えてあげましょう。

また、自己肯定感の低い人は自分を過小評価するので、できない事の辛さ、苦しさをよく知っています。(実際できる・できないの話ではなく、「できないと感じる」ことが多いので)なので決して人をバカにしないし、同じ目線の高さでものごとを考えることが出来るのです。これはとても良いことだと思います。こういう人が指導者だったら嬉しいですよね。
前の章でブログをやることをすすめましたが、自己肯定感が低い人がブログをやることの利点はこういうところです。常に相手の目を意識する気持ちがあるので、ブログにおいても読み手のことを考えながら書くことが出来ると思います。ブログでは読み手を意識することが最も重視されるので、大きなアドバンテージとなります。

参考にしよう

最後に、自己肯定感の低い私が同じような悩みを抱える方におすすめしたいものを紹介します。これらは実際に私が勇気をもらったり、参考にしたいなと思ったものです。

・自己肯定感の低い人におすすめの漫画があります。
「やわ男とカタ子」です。

もうこれ、ちょ~~~~おすすめ!!!
主人公は自分にまったく自信のない女の子なのですが、自信がない人特有の当たり障りのない言動だったり、自分と違ってなんでも持ってそうな人を羨んで卑屈になってしまったりと、とにかく共感できる部分が多いんです。あ~~~、と自分を見ているようで思わず恥ずかしくなってしまったり、他のキャラクターに図星をつかれて一緒にウッとなったりします(笑)。卑屈になっていた自分を少しずつ変えるために努力して、女の子が幸せに近づいていく話で、勇気が貰えます。普通に少女漫画としても楽しめてキュンキュンします・・・!

・また、急に別角度からの話をしますと、自己肯定感の低い私が最近ハマっているのがアイドルグループ「Snow Man」のYouTube動画です。なんでハマったのかと考えてみて思い当たったのが、このグループ、メンバーへの肯定力がものすごく高い。これは「嵐」にも共通することだと思いますが、とにかくいついかなるときも肯定している。例えばメンバーが何か発言したり行動すると、必ずそれに対するリアクションを誰かがとってくれるんです。ガヤだったり、ツッコミだったり、よかったよ!というコメントだったり。特にメンバーの佐久間さんは、この回数が圧倒的に多い。普段から発言が多いのもありますが、見ているととても気遣いの方なんだな、と気づきます。いつでも笑顔だし、何でもポジティブに拾ってくれる。グループの温かい雰囲気を作っているのはこの人なんだな、と思いました。Snow Manは、こういう仲間に囲まれたいな、こんな風に人を大切にしたいな、と思わせてくれるいいグループだなあと感じます。YouTube公式アカウントがあり、どなたでもご覧いただけますので、ぜひ見てみてください!デビュー前の過去動画もおすすめです。

↑つい最近(2020/2/26)アップされた動画です。わちゃわちゃした家族感が良い!

Snow Manの魅力については別記事でもまとめています。

 

 まとめ

本記事では、

  • 自己肯定感が低いとはどういうことか
  • 自己肯定感を高めるためにおすすめしたい4つの方法

についてまとめました。

  • 外を歩いてみたり、
  • 何かを発信したりして

自信をつけたり、

  • 自己肯定感が低いことの良い面を知ったり、
  • 漫画や動画を見て共感したり参考にしたり。

色々な方法を紹介しました。

私もまだまだ自身をつけるための道の途中で、実践中ではありますが、少しずつでも前を向いていけるようになりたいと思います。何かの参考になればとても嬉しいですし、他におすすめの方法があればぜひ教えてください!

ではまた!
(はらなり)

この記事を書いている人 - WRITER -
はらなり
ブログ初心者、はらなりです。見てくれてありがとう。 どこにでもいる社会人やってますが、20代のうちに副業で心にゆとりを持った生活を送れるようになることを目指しています。悩みの多い性格ですが、それを活かしたブログを書いていきたいです。わたしの人生における課題は継続することです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なすがまま、鳴るがまま。 , 2020 All Rights Reserved.